トップイメージ

出産・子供のお祝い事

帯祝

妊娠5か月の戌の日に安産を願って安産祈願のお参りをし岩田帯を着けるお祝いの事で、戌の日というのは犬が多産でお産が軽いことにあやかるものです。腹帯は通常 白木綿の帯を巻きますが巻くのに手間がかかる為、今では簡単に着けられる腹巻タイプのコルセットが人気のようです。
※神社に自前の腹帯を持参すると一緒に御祈祷(ごきとう)してもらえますが、必ずお忘れにならないようにして下さい。

お七夜

赤ちゃんが生まれてから7日目に赤ちゃんに命名し、お披露目をしてお祝いをします。お七夜まで命名書を神棚に供えておきお祝いの席で名前を披露し、お七夜が済んだら命名書をベビーベッドのそばやその柱など高い位置に貼っておきます。命名書は1ヵ月程経ったらはずします。

お宮参り

誕生の報告とお礼 健やかな成長を祈願し氏神様に参拝するの儀式、一般的に男の子は生後31日目、女の子は33日目頃と言いますが、赤ちゃんの体調やお天気を考慮することがよいでしょう。
祝い着は、男の子は羽二重の紋付、女の子はちりめんの花柄や友禅とされていますが、ベビードレスや普段着のベビー服でもかまわないでしょう。新しいものを着けてあげたいですね。

お食い初め

赤ちゃんが生まれてから100日目にお祝いします。地方によって違いがありますが、だいたいこの時期でかまいません。食べ物に困らないことを願った儀式でお膳に、赤飯、尾頭付きの鯛の焼き物、煮物、香の物にお吸い物を並べます。赤ちゃんが食べるわけでなく、食べる真似をするだけです。白木のお箸や、漆器のお椀といいますが、今ではベビー用の食器で実用性のあるものが好まれます。

初誕生

赤ちゃんの満1才の誕生日をお祝い
昔は赤飯やおもちをついたりして成長をお祝いしたものですが、今ではごく内輪でお祝いすることが多いようです。バースデーケーキにロウソクを1本立てて好きな料理やプレゼントでお祝いしましょう。

Copyright (C) 2007 お祝い事には贈り物. All Rights Reserved.